包茎に悩んだときに読んでほしい事

包茎治療の医療機関と保険について

日本では公的な保険に加入している人がほとんどですから、何らかの治療を受けるときには保険が適用され、医療費が軽減されます。では、包茎の手術では保険は適用されるのでしょうか。治療費は高くなれば数十万円にも上ることがありますから、保険が適用されなければ高額な治療費を支払わなければなりません。
保険が適用されるのかどうかは症状によって異なります。簡単に言えば、病気として認められれば保険が適用されます。真性包茎は病気として認められる場合が多く、そのために保険が適用される場合が多いでしょう。仮性包茎の場合には治療をしてもしなくても問題はないわけですから、保険は適用されません。保険が適用されるのかどうかも含めて医師に相談する必要があります。
包茎を治療してもらう医療機関についてですが、治療行為として行うのなら泌尿器科が適しています。真性包茎を治療してもらうのなら泌尿器科なら保険も適用されます。しかし、泌尿器科では見た目にまで配慮してくれないことが多いようです。そのために、包茎専門のクリニックや美容整形などで手術を受ける人が多くいます。包茎専門のクリニックや美容整形であれば仕上がりにまで配慮してくれますから、こちらを選ぶ人が多いのです。