包茎に悩んだときに読んでほしい事

仮性包茎の対処と治療

仮性包茎は日本人にもっとも多いタイプです。日本人の10人に1人は仮性包茎ですから、一般的なものだといえるでしょう。また、包茎の人の多くは仮性包茎です。
仮性包茎とはどのようなものかというと、勃起していない状態では、亀頭は包皮に覆われています。しかし、亀頭を露出できないというわけではなくて、手でむけば簡単に露出させることができるものを指します。包皮の長さによって勃起したときの状態は異なり、勃起すると完全に亀頭が露出するタイプのものもありますし、勃起しても包皮に覆われたままのものもあります。
仮性包茎は、そのままにしておいても何らかの不具合が生じるというわけではありません。きちんと体を洗っていれば清潔に保つこともできますし、性行為も工夫すれば問題なく行えるでしょう。また、程度が軽ければ少しずつ努力する事で自分で対処する事もできます。常に露出させる癖をつける事で、ある程度の対処は可能なのです。
しかしながら、仮性包茎を外科手術で治療する人も多いようです。その目的は見た目を良くする事である場合が多いようです。やはり包茎というのはネガティブなイメージがありますから、少しでも良くするために外科手術を望む人は多くいます。