包茎に悩んだときに読んでほしい事

カントン包茎にも対処は必要

カントン包茎は真性包茎の一種ですが、症状が少し異なるために別のものとして扱われる事が多いようです。カントン包茎は、無理をすれば亀頭を露出指せる事ができる包茎を指します。包皮の先端の部分が真性包茎よりも広いために、勃起していない状態の時には亀頭を露出できる場合が多いようです。
しかし、無理に亀頭を露出させると、その根本が締め付けられてしまいます。ですから、露出させるべきはないと考えられます。無理に露出させれば亀頭への決行が悪くなって悪影響がでます。ですから、何らかの方法で対処していかなければなりません。
自分でするのであれば、包皮の先端を広げていくというのが良い方法です。少しずつですが広げていく事によって徐々に広がっていくと感じられます。痛みを感じるほどしてはいけませんが、毎日少しずつ行う事で徐々に広がっていきます。
このようにして自分で対処することができないわけではないのですが、やはり治療をし他方が良いでしょう。外科手術によって治療をすればすぐに解決することができます。カントン包茎も真性包茎と同じようにいろいろなデメリットがありますから、カントン包茎だと思ったのなら、一度医師に相談する事をお薦めします。